春秋航空という名前を聞いたことがないという人は意外と多いでしょう。しかしLCCとしては便利な便を多数就航しているので今、密かに人気が出ている航空会社としても有名です。価格が安いことはもちろんですが、サービス面はどうなのでしょうか。

中国市場をつかむために就航されている

中国から飛ばすことができないことを理由に日本から飛ばそうと考えて進出が進んだといってもいい春秋航空です。ナショナルフラッグと比べると、LCCの民間の航空会社は、少し立場的には弱い一面を持っていますが、自分の国のマーケティングに執着しなければ、幅広い発送を持つことが出来るという面を利用して日本に就航しています。成田空港や羽田空港を拠点にして少しずつ市場を広げています。

安くても気になるのはサービス面

値段が安いことは承知している人も多いですが、安くてもやはりサービス面が気になるという人も多いでしょう。サービスとしてはLCCですのでほかのLCC同様に、国際線を利用した場合の座席指定は料金が必要です。手荷物の受託料金ももちろん必要ですし、様々な手数料が発生しています。ここはやはりLCCであるという特徴を理解して利用しなければいけないのかもしれませんね。

機内でのスタッフの接遇について

機内で快適な空の旅を過ごせるかどうかは、機内でのスタッフの接遇にかかっているといってもいいのかもしれませんが、接遇面は比較的良いと評判です。日本人スタッフも多数いるとのことですので、上海行きの便も、上海からの便も特に困ることはないようです。もちろん最低限のサービスのみというのがLCCの特徴ですので、期待以上のサービスをしてくれるということはやはり春秋航空でもなさそうです。そこはLCCなので了解しておくこととしましょう。

関連する記事