春秋航空はLCCとして千葉県に拠点がある国内線のLCCを運行している会社で、本社そのものは中国の会社です。日本の会社はスプリングジャパンと呼ばれています。そんな春秋航空ですが、運賃には種類が色々とありますので見ておきましょう。

一番安いのはラッキースプリング

一番リーズナブルな価格でチケットを取ることができるのはラッキースプリングと言われるチケットです。しかしただ安いというメリットだけでなくデメリットもありますので、このデメリットも理解しておいたほうがいいでしょう。例えばチケットの変更や払い戻しはできません。機内持ち込み荷物は5キロまでです。

スプリング、スプリングプラスについて

そして次の種類はスプリング、スプリングプラスという種類があります。こちらはチケットの変更がラッキースプリングではできませんでしたし払い戻しもできませんでしたが、どちらも可能なチケットとなっています。スプリングとラッキースプリングの違いは、受託手荷物、機内持ち込み手荷物の合計キロ数が違っています。スプリングの場合は機内持ち込みは5キロで受託手荷物が10キロ、スプリングプラスは機内持ち込み手荷物は同じく5キロなのですが、受託手荷物が20キロなので、25キロまで持ち込むことができるのです。

都合に合わせて使い分けが必要

チケットを購入する場合には自分の都合に合わせて使い分けをする必要があるかもしれませんね。例えば都合が変わるかもしれないという人はラッキースプリングにしていると変更することができませんので注意ですね。払い戻しもできないので、もし予定が変わりそうだというのであればスプリングプラス、スプリングを選ぶといいのかもしれませんし、荷物が多い人もこの二つがいいでしょう。

関連する記事